てご 雑記 11.11.2010Trackback:0Comment:0

こんにちは

うちの実家は昔からの農家、1年通して休む間も無く何かを作ってます。
なので、食べる物には困らずに今まで育ててもらいました。。。

小さい頃から、家に野菜があるのがあたり前・・昔、県外にいた時にスーパーで野菜を買うのが、少し信じられない感じ・・・それぐらい、けっこうな農家です。。。。

そんな実家は今、干し柿シーズン。。

毎年、家族総出で作ります。。。昨日は、僕も少々お手伝い・・・

柿
車庫を改造して、作業場に

柿 (4)
へたの周りの皮をむいた状態

柿 (3)
左の機械でおおまかに皮を剥き、のこった皮を手作業で剥きます。

柿 (2)
皮が剥けたらその柿を紐につるして乾燥させます。


すごく簡単に書きましたが、干し柿ができるまでに非常に長い道のりがあります。

干し柿作りのメイン的な作業は今かもしれませんが、まず柿の木に実がなるまでにいろいろな工程があります、柿の木の剪定やら消毒やら・・・・・収獲 そして今の作業、商品として出すにはまだまだ、 袋詰めやら箱詰めなどして、やっと完成!!です。。。そして、出荷が終わるとすぐ来年の柿作りが始まります。
正に1年掛けて作られてます。


洋服作りもそうです、服ができるまでにいろいろな苦労があり、これまたいろいろな工程を経て、いろいろな人の手によって作られています。
服一着一着に作り手の愛情が一心に注ぎ込まれています。

これまた簡単に書いてますが、知ってもらいたいのは、物作りされてる人たちには大変な苦労や努力があると言う事。。。


店頭に並べられてる服の表ばかり見るんじゃなく、少しでもその裏の部分も知ってもらいたい・・・

自分は売る側ですので、その裏の部分を少しでも伝えていけたらと思います。。。



偉そうに書いてますが、ここのところ全然『てご』(手伝い)ができてないので、時間をみつけてまた『てご』したいと思います。。。



あっ!

ちなみに、このできました柿たちはキレイに箱詰めされ販売もしてます。
贈り物やお歳暮などにも喜ばれています。また製品できましたら、画像をのっけますね。。。

気になる方は、ご連絡ください。 (ちゃっかりと宣伝までしてしまいました。。笑)

では、